社会福祉法人

可児市社会福祉協議会

トップページに戻ります

TEL:0574-62-1555  FAX:0574-62-5342



 

地域支え愛ポイント(Kマネー)

1.地域支え愛ポイント制度とは

地域通貨「Kマネー」の活用により

「地域経済の活性化」と「地域の支え合いの仕組みづくり」


を目指します。

可児市においても少子高齢化が急速に進む中、子どもから高齢者まで安気に暮らせるまちづくりを推進するために、市において「可児市支え愛地域づくり事業」が平成26年4月1日から運用が開始されました。
可児市社会福祉協議会では、地域支え愛ポイント制度の管理機関として、ボランティア活動者の登録、ポイントの交換事務を行うことにより、目的達成を目指していきます。


地域支え愛ポイント
対象ボランティア
検索
「Kマネー」
ご利用可能店舗
検索
可児市支え愛
地域づくり事業
(Kマネー)説明


2.「地域支え愛ポイント」とは?

・市が指定する対象ボランティア活動を行うと、その活動実績に応じて「地域支え愛ポイント」のポイントが交付され、翌年度にポイント数に応じた「Kマネー」と交換できます。

3.ポイント対象となるボランティア活動

ポイント対象となるボランティア活動は、市が指定する

「子育て世代が安心して暮らせるための活動」


「高齢者が地域で健康、安気に暮らせることにつながる活動」


に限ります。

4.地域支え愛ポイント制度に登録するには

①団体の登録
ボランティア団体が、ボランティア活動者にポイントシールを渡すことができるポイント付与機関になるために、可児市社会福祉協議会で指定申請書による

団体登録

が必要です。

②個人の登録
ポイントシールをもらえるようになるためには、可児市社会福祉協議会で

個人登録

の申請書を提出し

「地域支え愛ポイント手帳」

を受け取ります。

5.ポイントシールの交付について

◎ポイントシールは、ボランティア団体から交付されます。

◎ボランティア活動1回につき1ポイント(シール1枚)、2時間以上の活動で2ポイントが交付されます。(ただし、1日のうちに複数のポイント付与機関で活動された場合は、それぞれの団体から、上限2ポイントまでを付与されます)

◎ポイントシールは「地域支え愛ポイント手帳」に貼り管理して下さい。

※H27年度からは、1時間未満の活動でも1ポイント付与されます。
※ポイントは、1年間に100ポイントまで貯めることができます。
※「地域支え愛ポイント手帳」を紛失した場合、手帳の再発行はできますが、すでに貼ってあったポイントシールの再発行はできません。
※ポイントシールの譲渡、売買は固く禁じます。


6.貯まったポイントをKマネーに交換

◎ポイントの交換は、活動された翌年度の4月1日~5月31日の平日に可児市社会福祉協議会で、Kマネーに交換できます。

◎「10ポイント=Kマネー1,000円券」で交換します。
(端数のポイントは、翌年度に繰り越すことができます)

平成29年度 地域支え愛ポイント対象となるボランティア活動

〈子育て世代の安心づくり〉 〈高齢者の安気づくり〉
・キッズクラブ(小学校)
・本の読み聞かせ(図書館)
・子供の遊び相手、見守り、事業協力
(幼稚園・保育園・児童館・児童センター・
公民館・くれよん・地域での活動)
・子育てサロン
・防犯パトロール(帷子地区)
・放課後子ども教室
・託児(家庭教室学級)
・子育てピアサポーター活動
・子ども食堂
・家庭内の困りごと支援(若葉台・桜ヶ丘)
・移動支援(帷子・広眺ケ丘・桜ヶ丘)
・宅老所、ふれあい・いきいきサロン
・302運動の支援活動(若葉台・桜ヶ丘)
・緊急しのぎ支援(若葉台・桜ヶ丘)
・地区社協活動(一部)
・介護予防支援活動
・食事サービス
・敬老事業
・見守り事業
 ※支援対象に65歳未満の障がい者を含む。


<連絡先>
可児市社会福祉協議会
〒509-0207
可児市今渡682番地1
(福祉センター内)
TEL 0574-62-1555
FAX 0574-62-5342


可児市社会福祉協議会
〒509-0207
      岐阜県可児市今渡682番地1(可児市福祉センター内)
       TEL:0574-62-1555
       FAX:0574-62-5342
       e-mail:kanishisyakyo@crux.ocn.ne.jp
       受付時間 8:30~17:15
        (土日祝・年末年始を除く)

           ページ上部へ戻る